パパ活顔合わせでのドタキャン!なぜされちゃうの?対策方法を徹底解説

 

こんにちは、セイラです。

今回はパパ活でのドタキャンがテーマ。

とくに最初の顔合わせのときですね。

 

セイラ

パパ側からされてしまうドタキャンがなぜ起こるのか、また、対策方法を解説していきたいと思います♪

 

シュガーダディ

 

ドタキャンしてしまうパパの心理は?

 

パパがドタキャンしてしまう理由についてまとめてみました。

 

急用・風邪

これは本当にドタキャンしなければならないケースです。とはいえ、パパ活のドタキャンの理由としては珍しいかも?

 

ですが急用の場合、忙しいパパほど仕方がないもの。リスケを提案されたのなら、次回への脈はあるかも?

そうでない場合は……残念ながら、暗にお断りされています。

 

冷やかし

 

パパ活がメディアで取り上げられるようになった一方、パパ活女子をよく思っていない人もいます。

ラクして金稼ぎやがって!と言ったところでしょうか。(実際真剣にパパ活をやると、全然ラクでもないんですけどね^^;)

 

パパ活女子を待ち合わせ場所に呼び出して、その様子を遠くから見て楽しんでいる嫌な人もいます。中には直前に待ち合わせ場所をあちこち変えられて、山手線をぐるぐるさせられていたという人も?!

 

思っていた人と違った

写真を事前に交換せず顔合わせをすることになったとき。

パパが待ち合わせ場所に張っておき、女子の容姿を遠くで目視して、気に入らなかったらその場でLINEしてドタキャンを伝えるというものがあります。

 

シュガーダディ

 

パパ活でドタキャンされないための対策方法

 

では、ドタキャンされないためにはどうしたらいいの?

対策方法をお伝えしていきます。

 

ドタキャンしそうな男性と約束しない

正直、これに尽きます。

 

  • 年齢が若いパパ(30~40代)
  • プロフィールがあまり書かれていない
  • メッセージがタメ口
  • 顔合わせのお手当が明らかに安いor高額過ぎる

 

セイラ

顔合わせの際、セイラはこういったパパに注意しています。

 

あくまで私の経験上の話になりますが、年齢が若いパパほど怪しい人が多いです。

(もちろん若くてもきちんとした人もいますが…。)

プロフィールの充実度に関しては、社会的地位もあって迂闊に明かせない人もいますから、なんとも言えない所です。

でも、ちゃんとしたパパは女子にも丁寧な言葉遣いで接してくれます。

メッセージのやり取りをするうちに良pかどうか、判断していきましょう。

 

また、セイラは顔合わせの時のお手当は5千円~2万円のときだけお受けすることにしています。

安すぎても高すぎても、何かあるので怖いですね。ほとんどの場合1万円ですけど。

 

セイラ

顔合わせ5千円はpjの中でも賛否両論あるようですが、私は良さそうなパパの場合は行きます。もちろん、それ以降も5千円っぽいなら、お別れしていますが(笑)

 

顔合わせの約束は2週間以内で!

顔合わせの約束は、その日から2週間以内に設定しましょう!

あまり遠すぎると、お互いに面倒くさくなってドタキャン率が高まります。

 

会うまでに何度かやり取りをする

会うまでに何度かやり取りをしておきましょう!

雑談でも、当日の天気や服装のことでも構いません。

お互いにどんな人か確かめられ、ドタキャンの抑止力になります。

 

 

セイラ

以上、セイラの「顔合わせでドタキャンされないための対策方法」でした♪

 

実は、私は今まで一度もパパ活でドタキャンされたことがありません。

なぜなら、ドタキャンしそうな方とは絶対に顔合わせしないからです。

パパ活をやっていくうちに、初見のメッセージで「この人は大丈夫かな?」と見分けられるようになってきます。これは経験を重ねるしかありませんが、がんばっていきましょう!

 

シュガーダディ