大阪出身のパパはケチが多い?セイラの体感から語る「ケチパパ」の出身地

 

こんにちは、元P活女子のセイラです。この春に大学を卒業したのと同時に、パパ活からも卒業しました。

日が経たないうちにパパ活の体験談を記しておこうと思い…(日が空いてしまいましたが笑)今回は「ケチパパ」について語っていきたいと思います。

 

大阪出身のパパは「ケチパパ」が多い?

正直、私は大阪出身のパパさんからメッセージが来ると「あっ、ハズレかな!」って思います。

一応顔合わせできちんとお手当てを出してくださる方なら、ちゃんと会うんですけどね。

でも、その後の条件でお金を出し渋ったり、「これぐらい出すんだったらもっとサービスしてくれないと…」という雰囲気を匂わせてきます。

やっぱり、この辺の「値切り」は関西の商売上手な気質なんでしょうね…!

関西でパパ活をしている方は、東京など遠方から出張で関西に来るパパを狙った方がいいかもしれません。

 

実は、ケチパパは東京出身者にも多い!

意外かもしれませんが、東京出身のケチパパも多いんです!

特にエリート層かつそこそこハンサムなパパさんはお手当てを値切る傾向にあります。(もちろん人にもよりますよ)

その理由として、自分のステータスに自信があるため、「多少安価なお手当でも自分はまだまだ若い女の子と釣り合う!」と思っているようです。

パパ活女子からしてみたらちょっと引いちゃいますが……。

 

セイラのケチパパ体験談…

パパ活専用でないサイトで大阪出身のとあるケチパパさんと出会い、最初は1時間半のお食事で1万円という約束でした。

しかし、会うたびに、「1万円も払ってるんだからもう少し一緒に居ようよ」と別れ際に言われ、それが30分、1時間……と増えていきました。

さらに、店を帰る際、移動の交通費を渋られ夜の寒い東京の街を20分も歩かされました!!

スマートなパパさんだったら、タクシーを使ってくれるのに…!

さすがにその後、再度お手当の相談をしたのですが、「これ以上は出せない!」と言われてしまったのですっぱり切りました。

 

ちょっとずつ時間を延ばしたりしてこちらの時給を減らしていくパパさん……まさに商売上手というか、せこいというか……。

 

そういう方といても、結局楽しい気持ちにはなれないんですよね。

お互いにいいことがないので、もし似たような思いを今している方がいたら、お付き合いについて一度考えてみるといいかもしれません。

 

 

セイラ

そんなこんなで、セイラはシュガーダディをメインにパパ活をしていました!

シュガーダディなら、きちんと身元確認されたパパさんだけとやり取りをすることが可能です。

こちらで出会う方の方が、ケチパパさんが少なかったですね。やっぱりパパ活にはパパ活専用アプリを使うことをおすすめします。

 

シュガーダディ